頼れるのは自分。全てが自己責任。

私はサラリーマンを15年ほどやり、その後コーヒーの卸しの自営業を始めました。
扱っているものが少額なので起業資金はそれほど困りませんでした。
ただ、軌道に乗って一定額の収入が得られるようになるまで、サラリーマンを辞めないでください。
自分一人だから何とかなると先走ると大変な事になります。
たとえ従業員がいなくても家族の生活資金がいるからです。

私は起業資金があまりかからなかったのはいいのですが、それでも支払いっていうのもはついてきます。そして家族の生活費も必要となります

最初の軌道に乗っていない時期は支払いが大変で個人事業主でもできる金融を利用して借り入れをしました。※個人事業主・自営業者の借り入れ|事業者専用ローンで借りれます

さて、脱サラで事業を起こす場合ですが、特に有名企業からの起業は気を付けてください。
よく言われることですが、会社の看板があるから自分の話を聞いてくれたというのがよくわかります。
例えば物を買うにしても、今までは値引き交渉をしていた立場だったのに、今度は売ってくださいと
言わなければならない事があります。金額の大きいものを掛けで買おうと思っても、
取引実績や与信の都合で今までの価格では卸せれないと言われます。
また、何かを決断するにしてもサラリーマンの時のように部下に情報収集をさせ、
上司に判断を仰ぐといった事がないので、自分で時間をかけて情報収集をし、
自己責任で判断をくださないといけません。
具体的には事務所の大きさや場所、アルバイトを雇うかどうかなどです。
今までの取引先の人や元同僚で話をしても、とりあえずは話を聞いてくれますが
明確な答えが出ることはまずありまん。

自営業となると、全てを一人でやらないといけませんが
全てが想像以上にたくさんあるのを思い知らされます。
今では当たり前となっているPCやインターネットの準備に始まり、
備品の購入や社用車のリースなどなど。
伝票を書いて請求し、入金確認をするのも一苦労です。
今までは会社の誰かが自分の知らぬ間に用意してくれていたものを
感謝することも無く、当たり前のように使っていた報いでしょうか。

まずはサラリーマン時代のプライドを捨てて、
一から人脈作りをしつつ、こつこつと地道な作業を
することをお勧めします。

 

浪費家の姉に言いたいこと。

お金が必要。しかしお金がない!困った!という状況になってしまったら、私ならまず家の中を見渡します。
もしかしてどこかに昔隠したへそくりが眠っているかもしれない!
バックや洋服などリサイクルショップへ売れるものがあるかもしれない!
頂いて忘れているビール券や商品券があるかもしれない!と探します。
なるべくなら人からお金を借りずにお金が必要な窮地を脱出したいので、自分でどうにかできる方法はないかとまずは考えます。
そしてへそくりが見つかったらそれを使用し、リサイクルショップに売れそうなものが見つかったら即売りに行き、ビール券や商品券が見つかったらそれを使って買い物をしたり、現金が必要な場合は売りに行ったりしてお金を用立てます。
もしそれらのものが見つからず、どうしてもお金を用意できなかったらその時には家族に相談します。
家族は親の場合もあるだろうし、姉の場合もあると思います。
お金が必要な理由が親に話せる内容なら親に、親には心配をかけてしまうから話したくないという内容なら姉に相談してお金を貸してもらいます。
一度消費者金融から借りてしまうとまたお金が必要になった時にずるずると借りてしまいそうなのでなるべくなら消費者金融からは借りたくありません。
友人も友情にひびが入ったらいけないのでなるべくならお金の貸し借りはしたくありません。
やっぱり信頼でき、いざという時に助けてくれる家族に相談してお金を借りる方法が一番いいのかなと思います。