綺麗は一日にしてならず。

私は一年前、今より10㎏も太っていました。
無理なダイエットをしては体を壊し、たくさんのダイエットの本やエクササイズDVDを買いましたが、どれも長続きはしませんでした。

そんな私がダイエットに成功出来たのは、《ダイエット》という言葉を意識しすぎないこと。
食べることが大好きな私、食べないダイエットなんてストレスがたまるだけ。空腹でイライラして心まで汚い自分になってしまいそう。
だから《ダイエット》を意識することから《食べ物》を意識することに変えたんです。

まずは食について通信教育で勉強し、体にいいものについて知りました。
食事を作る際は必ず野菜を5種類以上使うようにしたり、お米を白米から雑穀米に変えてみる。噛む回数も増え、満腹感が増します。
甘いものが食べたいと思ったら、買うのではなく作ってみる。
そうするとバターやお砂糖をこんなに使っているんだってことに気が付きました。

自分の体は自分が選んで食べたもので出来ています。そう気が付いたとき、私は無理なく体に良いものを選べるようになりました。
それからは、ダイエットを意識しない間に徐々に体重が減っていきました。

周りからも痩せたねと言われ、自分に自信が少しつきました。
自分なんて似合わないと、前は決めつけていた洋服も着れるようになって、ファッションやメイクにも興味を持つようになりました。
好きな自分になれたことが嬉しくて、ショッピングや友達とお出かけする回数が増え、心が明るくなったように思います。
楽しくないこと、興味のないことを続けることは難しいですし、心の美しさをダウンさせてしまうと思うんです。
私は運動が苦手ですが、気が向いたときだけ腹筋やストレッチをしてみたり、カラオケで大声を出して楽しみつつカロリー消費に励んでみたりしています。
食べることも、運動をすることも、自分を磨くことも、全てを楽しもうとする人を、私はとても美しい人だと思います。

自分に自信が持てるようになってから、体型以外にも気になることができ、その時は信頼できる美容外科で肌をきれいにしてもらったりもしました。お金を掛けなくて努力で綺麗になれることと、すこしお金を掛けてあげるともっと綺麗になることができることもあります。

綺麗になりたいからと、自分を追い込むのではなく、楽しいことから、好きなことから綺麗の一歩になるんだと私は思っています。

 

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト